FC2ブログ

北里柴三郎記念館

IMG_3972 (1380x920)




IMG_3977 (920x1380)




IMG_3980 (920x1380)




IMG_3985 (1380x920)



日本が誇る世界的な医学者北里柴三郎は、
嘉永5年(1853)総庄屋北里惟信の長男として
北里村(現小国町北里)に生まれました。

明治4年(1871)熊本医学校に学び、
さらに東京医学校(現東京大学医学部)に進み、
卒業後、内務省衛生局に勤務、
国の留学生として結核菌の発見者であるドイツのローベルト・コッホに師事しました。
ここで貴重な研究業績を次々に発表、
とりわけ破傷風菌の純粋培養法の確立(1889)と
血清療法の発見(1890)は前人未踏のもので、
世界の医学界にその名をとどろかせました。

帰国後、福沢諭吉などの援助により、
伝染病研究所を設立、わが国の近代医学に大きな足跡をとどめました。
大正3年(1914)自力で北里研究所を創設、
昭和6年(1931)死去するまで終生わが国の公衆衛生、
医学教育、医療行政の発展に貢献





IMG_3988 (920x1380)




IMG_3991 (1380x920)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルイスパパ

Author:ルイスパパ
初心者カメラマン

フリーエリア
ランキングに参加しています ポッチっと宜しくお願いします!
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR