FC2ブログ

熊本大地震 疑問に思うこと!


熊本城の瓦が沢山落ちたのは

地震の時 建物の重量を軽くして

損傷を軽くする倒壊を逃れるための

昔の人の知恵だと話題になっていますが本当でしょうか?





IMG_9516 (1380x920)







熊本城天守閣を登った経験がある人なら

御存知でしょう


IMG_9599 (920x1380)



現在の天守閣は昭和35年(1960年)に、

総工費1億8,000万円をかけて、

鉄筋コンクリートで外観復元されたものです。

外見はお城ですが

中身は木造と違い

とても頑丈な鉄筋コンクリートのビルです

地震の時にわざと瓦が落ちる設計にしないと

倒壊するような軟な設計ではないはずですよね!

熊本城は桜の名所です

桜は終わりましたが

花見客が大勢いる時に

地震で大量の瓦が落ちたら大参事になっていたでしょう

私が設計者ならむしろ瓦が落ちにくく設計するでしょう

じゃなぜ瓦が落ちたのか?

それは揺れが大き過ぎたからでしょう!




RIMG0575 (1380x1148)



今回の地震で瓦が落ちた住宅が沢山ありました

少し古い家は瓦の固定は殆どしていません

阪神大震災では瓦屋根の家が沢山倒壊しました

倒壊の原因の1つに瓦の重量が関係してると思われ

金属屋根やコロニアルなどが流行った時期もありますが

これらの素材は軽く地震には強いけど腐食や劣化が早く

最近は再び瓦が見直され

災害に強い瓦が開発されています

建物も耐震基準が見直され瓦葺きでも倒壊しない

頑丈な構造になっています




RIMG0580 (1380x1035)



私がお勧めの瓦はこれです

高性能だけど

価格は普通の瓦と殆ど同じです!!










関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルイスパパ

Author:ルイスパパ
初心者カメラマン

フリーエリア
ランキングに参加しています ポッチっと宜しくお願いします!
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR