人生自分の想う通りには行かないものですね!




基礎杭工事あたりまでは

今日はどこまで工事が進んだかな?

毎日工事現場を確認するのが楽しみでした!


ところが鉄筋工事のミスを最初に私が発見し

手直しさせました

その後も毎日のように



工事が進むたびにミス発見!




ここは和室で畳の厚さ5センチ分大引きを下げています

基礎に乗ってるので強度は問題ない!


IMG_3863 (1380x920)









こっちは下が人通口なので

基礎の上に乗ってない強度不足

明らかに設計ミス

補強するように指示しました!




IMG_3864 (1380x920)







こちらは瓦を葺く前の下地材が敷かれて

いますが軒先に雨水が溜まっています

もちろんやり直しさせます

雨水が溜まらないように

施工方法まで私が考えて指示をだしました!


IMG_3874 (920x1380)




火打ちと呼ばれる重要な構造材ですが

ご覧のとおり

ボルト取り付け穴の加工が

汚いです!

通常は見えなくなる部分ですが

我家は柱や梁 火打ちなど

構造材が見える創りなので

取り替えるように指示しました






IMG_3887 (1380x920)






一番困ったのが断熱材の施工ミス



垂木の間に厚さ60ミリの断熱材を挟みます

断熱材と野地板の間に

通常30ミリの通気層を設けなくてはなりません!

しかし通気層は塞がれていますね!


IMG_3893 (1380x920)






こちらはかろうじて15ミリ程の

通気層が開いていますが

全然不十分です

工務店社長を現場に呼び出し

やり直しを指示

最初は大丈夫ですよ

やり直しの必要ないですよと言ってた社長も

最終的にはミスを認めやり直し工事に同意しました





IMG_3894 (1380x920)





ステンレス製の基礎パッキン

土台と基礎の間に敷くことで

通気できるようにし

床下の湿気を排出します

しかし取り付け方が間違ってる

ここはやり直しが難しいので

基礎からはみ出してる部分が

床下点検をするさい

人を傷つけてしまうかもしれないので

はみ出し部分をカットするように指示しました!



IMG_3881 (1380x920)





何も気づかず

鈍感なままだったら

工事の進みぐわいを

毎日楽しめたでしょうね!

そして欠陥住宅とは知らず

長期優良住宅と人に自慢してたでしょう




IMG_3889 (1380x920)




毎日チェックするのも

大変だしミスを見つけた時は

本当にショックです

毎日が戦いです!!!






本日のおまけ



スポンサーサイト
プロフィール

ルイスパパ

Author:ルイスパパ
初心者カメラマン

フリーエリア
ランキングに参加しています ポッチっと宜しくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR