FC2ブログ

神社の後は立派な洋館

IMG_5167 (1380x920)




IMG_5172 (920x1380)



IMG_5181 (1380x920)






耳納北麓に広がる草野の伝統的町並みの中にある建物で、病院として使われていました。建築年代は大正3年(1914年)に草野町に移築し、完成されたといわれています。九州地区でも珍しい大規模な木造洋風2階建てであり、デザイン的にも優れ、堂々としており、内部にも繊細なデザインを用いるなど優れた建物と評価されています。


IMG_5184 (1380x920)




IMG_5185 (920x1380)




おまけ
今日の香港
明日の台湾
明後日の沖縄


スポンサーサイト



北里柴三郎記念館

IMG_3972 (1380x920)




IMG_3977 (920x1380)




IMG_3980 (920x1380)




IMG_3985 (1380x920)



日本が誇る世界的な医学者北里柴三郎は、
嘉永5年(1853)総庄屋北里惟信の長男として
北里村(現小国町北里)に生まれました。

明治4年(1871)熊本医学校に学び、
さらに東京医学校(現東京大学医学部)に進み、
卒業後、内務省衛生局に勤務、
国の留学生として結核菌の発見者であるドイツのローベルト・コッホに師事しました。
ここで貴重な研究業績を次々に発表、
とりわけ破傷風菌の純粋培養法の確立(1889)と
血清療法の発見(1890)は前人未踏のもので、
世界の医学界にその名をとどろかせました。

帰国後、福沢諭吉などの援助により、
伝染病研究所を設立、わが国の近代医学に大きな足跡をとどめました。
大正3年(1914)自力で北里研究所を創設、
昭和6年(1931)死去するまで終生わが国の公衆衛生、
医学教育、医療行政の発展に貢献





IMG_3988 (920x1380)




IMG_3991 (1380x920)

酒蔵通り 光と影の芸術

IMG_9651 (920x1380)




IMG_9654 (920x1380)




IMG_9660 (920x1380)




IMG_9666 (1380x920)


障子に映る影も立派な芸術


IMG_9670 (920x1380)




板をくりぬいただけだけど

本当に素晴らしい芸術だと思いませんか?


IMG_9677 (1380x920)



続く

築200年は凄いな!

築200年の屋根裏

気をつけないと梁が低いので頭を強打します







IMG_9620 (1380x920)



江戸時代の人たちは背が低くて大丈夫だったのかな?


IMG_9621 (920x1380)="950" />



ちゃんと手入れをすれば

100年後も大丈夫そうですね!

IMG_9634 (1380x920)


売りもんじゃないのが残念だけど

こんな風鈴 

我が家にも欲しいな~


IMG_9638 (920x1380)









ここの酒蔵で試食した

生姜の酒粕漬けが美味しかったので

お土産に買って帰りました!


IMG_9640 (920x1380)




IMG_9641 (920x1380)



つづく

酒蔵通り

IMG_9590 (1380x920)




この辺は屋根や漆喰壁の

改修工事がされていて

とても美しい景観です

IMG_9596 (1380x920)



IMG_9601 (1380x920)




IMG_9612 (1380x920)




IMG_9613 (1380x920)




IMG_9616 (920x1380)



つづく
プロフィール

ルイスパパ

Author:ルイスパパ
初心者カメラマン

フリーエリア
ランキングに参加しています ポッチっと宜しくお願いします!
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR