熊本大地震 疑問に思うこと!


熊本城の瓦が沢山落ちたのは

地震の時 建物の重量を軽くして

損傷を軽くする倒壊を逃れるための

昔の人の知恵だと話題になっていますが本当でしょうか?





IMG_9516 (1380x920)







熊本城天守閣を登った経験がある人なら

御存知でしょう


IMG_9599 (920x1380)



現在の天守閣は昭和35年(1960年)に、

総工費1億8,000万円をかけて、

鉄筋コンクリートで外観復元されたものです。

外見はお城ですが

中身は木造と違い

とても頑丈な鉄筋コンクリートのビルです

地震の時にわざと瓦が落ちる設計にしないと

倒壊するような軟な設計ではないはずですよね!

熊本城は桜の名所です

桜は終わりましたが

花見客が大勢いる時に

地震で大量の瓦が落ちたら大参事になっていたでしょう

私が設計者ならむしろ瓦が落ちにくく設計するでしょう

じゃなぜ瓦が落ちたのか?

それは揺れが大き過ぎたからでしょう!




RIMG0575 (1380x1148)



今回の地震で瓦が落ちた住宅が沢山ありました

少し古い家は瓦の固定は殆どしていません

阪神大震災では瓦屋根の家が沢山倒壊しました

倒壊の原因の1つに瓦の重量が関係してると思われ

金属屋根やコロニアルなどが流行った時期もありますが

これらの素材は軽く地震には強いけど腐食や劣化が早く

最近は再び瓦が見直され

災害に強い瓦が開発されています

建物も耐震基準が見直され瓦葺きでも倒壊しない

頑丈な構造になっています




RIMG0580 (1380x1035)



私がお勧めの瓦はこれです

高性能だけど

価格は普通の瓦と殆ど同じです!!










スポンサーサイト

熊本大地震

熊本から遠く離れた福岡県大川市でも

夜中に家が倒壊しないかと思うほどの揺れでした

夜が明けて熊本市内の現場へ出発





RIMG0561 (1380x1035)



高速道路は通行止めだったので

下道を通る

熊本に近づくと信号は停電

道路が陥没してる場所もあり危険

駐車場で野宿してる人たちが居たり

建物の破壊を見ると

その揺れがどれほど凄まじかったか

とてもじゃないが家の中には居られないだろう




RIMG0563 (1380x1035)





コンビニでは早朝から長い行列

RIMG0565 (1035x1380)






電気も水道もストップ

RIMG0566 (1380x1035)





RIMG0567 (1035x1380)





ホムセンターでは100mほどの大行列

店に入るまでどれくらいの時間がかかるのか?

欲しいモノを手に入れることができるのか?

買えなかった時のショックは大きいよね!


RIMG0569 (1035x1380) (2)



つづく








何もできなかった

昨日益城町へ復旧作業にいきました



道中信号が停電していたり

瓦が崩れた家を沢山見かけました

その一方で殆ど無傷の家もあり

新しい耐震基準で作った家はやはり強い!

復旧作業に入った現場(木材加工工場)は

破壊が酷く窓ガラスや外壁が剥がれ落ち

木材も散乱 余震も続いていて

とても危険な状態で

復旧作業は現時点では無理と判断

何も出来ぬまま帰りました

コンデジで写真を撮ってるので

後日アップしたいと思います

東日本大震災の数年前から

東日本では内陸を震源とする

地震が多発していましたよね

後になって思えば東日本大震災の

前兆現象だったわけです

東日本大震災以降

関東より西側で火山活動が活発になっています

今回の地震も南海トラフ地震の前兆現象ではないでしょうか?

南海トラフ地震とは東海地震 東南海地震 南海地震

この3つですがどの地震も一度起きたら

大変な被害をもたらします

今回の熊本の被害とは比べ物にならないと言われています

最悪 3つの地震が同時に連動して起きてしまう

可能性も以前から指摘されており

最悪日本人の3分の1が家を無くすかもしれません

私が1番恐れているのは

静岡の浜岡原発です

原発の敷地内に何本も活断層が走っており

歴史的にも何度も巨大地震と大津波の被害が

記録に残ってるにもかかわらず

ここを安倍政権は再稼働させようとしています










次に備えましょう!





揺れた揺れた!

IMG_2551 (1380x920)




九州地方揺れました

築70年の我家

倒壊しないか?

心配になるほどゆれました


大川市は震度4でしたが


熊本県の震度7強は驚きです

余震が何度も続いています

こんなの生れて初めての経験ですね!



IMG_2546 (1380x920)






早く家を建てなきゃ!

IMG_2533 (920x1380)






この家は地震は大丈夫だったのかな?



IMG_2541 (920x1380)


防災の日

災害は忘れた頃にやってくる

東日本の震災も太古の昔から繰り返されてきた事であり

津波の大小はあるものの数十年に一回の割合で津波が襲っている


地震が起きたら高台に逃げろ!

昔からの言い伝えがあったにも関わらず

約4割の方達が直ぐに避難をしようとしなかった 

そのため大勢が犠牲に成った訳です!

人間誰しも自分だけはそんな災害に

巻き込まれる事は無いだろうとなんとなくですが

そう考える人は多いでしょう

東海地震も何時起きてもおかしくない

そう言われつづけて40年もたったのに起きないから

大丈夫と考えるのは大間違い

東海地震は何時か必ず起きる

40年たったということは

何時起きるか分からない東海地震に

40年分近づいた

1年1年1日1日

確実にその日に近づいてる訳であって

遠のいてると錯覚してはいけません!

地震が起こると思ったら

何も出来なくなると考えるのではなく

起きる事を前提に前向きに

考え生きるべきだと思います!

プロフィール

ルイスパパ

Author:ルイスパパ
初心者カメラマン

フリーエリア
ランキングに参加しています ポッチっと宜しくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR